うるっとモテ肌実験室

メイク術でモテ肌を演出!

美容・コスメ・メイクしよう

 

ベースメイク

コントロールカラー

ベースメイクだからって侮ってはいけませんよ!ベースメイクををしっかりとしていると化粧崩れがしにくく、化粧のノリもよくなるので、ベースからしっかりしておきましょう。そして、顔の気になる毛穴やシミ、シワを出来るだけ目立たなくさせてくれるのもベースの出来具合という感じです。
そのための必需品としては、コントロールカラーとコンシーラーは、ちゃんとすること。まずはコントロールカラーで、肌の色を整えましょう。下記の表を参照にしてみてください。ちなみに私のお肌はすこし黄色が強い気がするので、ピンクを使用しています。肌に入れ込むようにして肌においていきましょう。そして、コンシーラーで、気になる部分のシミを隠しちゃいましょう。明るい色よりも少し暗めの色を選択しましょう。

グリーン・・・赤みを抑え、透明感のあるお肌へ
ホワイト・・・明るさや立体感のあるお肌へ
ブラウン・・・自然な陰影を与え、引き締まったお肌へ
ピンク・・・血色感を与え、ほんのり上気したような健康的なお肌へ

ファンデーション

リキッド・クリームファンデーションを使用

手にリキッド・ファンデーションを出し、両頬に置いていきます。そして顔の中心から外側へ、肌へ入れ込むような感じでのばしていきましょう。少なめの量を手に取り出し、Tゾーンとアゴにおいて、馴染ませるように肌へ入れ込んでいきます。リキッドファンデーションをのばしたら、スポンジを使用しファンデーションの油分を取り除くように、おさえるようにして馴染ませてあげましょう。このスポンジを使用することがポイントになり、美しい肌に近づくための作業ですので、絶対忘れずにしましょう。
※目じりや口元などのシワの部分を崩れにくくするのは、馴染ませるよう丁寧にすることがオススメです。

ベースメイクをより美しく仕上げるコツ

しみ、くすみのカバーをしたい部分に重ねづけしましょう。最後にスポンジのきれいな面で軽く馴染ませて仕上げます。
毛穴をカバーしたいのなら、軽く肌を引き上げながら、スポンジで軽くたたくように上から下へ下から上へなど、さまざまな方向にのばしていきましょう。そして最後にスポンジの広い面を使用して軽くすべらせるようにし、表面をなめらかに整えましょう。
乾燥や粉っぽくなることを避けたいのであれば、ファンデーションをうすーく全体にのびるようにします。このとき、肌をこすらずに軽くたたいて馴染ませていきましょう。スポンジの広い面でおさえて、肌表面をなめらかに整えましょう。パウダーで仕上げた後、顔全体を手の平で肌をおさえるようにして馴染ませます。

パウダーファンデーション

基本は、顔の中心から外側へうすーくのばしていきましょう。
ら頬に向かってすべらせるように塗り、次に額を塗り、鼻すじや小鼻も軽いタッチで塗り、続いて口のまわりと顎を塗りましょう。次にまぶたと目のまわりをうすーく塗りのばしていきます。そしてスポンジの角を使って、目尻や小鼻の脇・鼻の下・口角など・細かい部分を軽く押さえてあげます。最後はフェイスラインにぼかしを入れて、自然な感じに仕上げてましょう。相することで小顔効果にもなります。
注)スポンジの広い面を使い、サッと一気に塗ることがポイントです。力を入れてしまうと、ムラが出てきてしまいます。

ベースメイクをより美しく仕上げる!

シミ、くすみがあると年齢が老けてみえてしまうので、どーにか隠したいものですよね。そのシミ・くすみは、基本的な化粧した後にちょっと、手を加えると目立たなくなるので、やってみましょう。少し多めの量のパウダーを取って、気になる部分を押さえるようにして馴染ませて、スポンジを使って手で振動を与えるような感じで周りへと馴染ませてあげます。
ポツポツ開いた毛穴は、引き締めてさらさらのお肌に見せたいはずです。毛穴を少しでも小さく見せたいと思いますよね。
毛穴をカバーするには、スポンジで、くるくるっと少しずつ動かし毛穴を押さえるような感じで肌に馴染ませていきます。特に毛穴の目立つ鼻の両脇はスポンジの角を使用して細かく叩くようにしてあげます。それ以外にも、単一方向から抑えるのではなく、違う方向から馴染ませてみるのも毛穴を目立たなくする方法です。
そして、冬の季節になると乾燥がとても気になってきますよね。乾燥が気になるのであれば、やはり基本的なケアをしっかりするということです。洗顔後の化粧水、クリーム、美容液が大切です。乾燥を化粧でカバーするというのはどうしても無理があるので、乾燥で困っているのならケアを重点にしましょう。そして、化粧した後、粉っぽくなる方は、ベースの化粧をした後に、肌に馴染むように軽く手で顔全体を軽く押さえるほうがよいでしょう。

ファンデーションを選ぼう

乾燥の気になる方はクリームファンデーションやリキッドファンデーションがいいでしょう。パウダーはちょっと乾燥しやすいので、使用するなら夏場がいいと思います。また、クリームやリキッドなどはカバー力があるので、シミやくすみなど隠したいものがあるのであれば、オススメです。

おすすめWEBサイト 5選

国内の格安航空券をお探しなら
http://www.airticket.jp.net/
東京・千葉・埼玉で不用品回収を行う
http://www.a-you.info/
便利な東京の貸事務所
http://www.0213.biz/
泥汚れを落とすならこの洗剤
http://www.rakuten.co.jp/auc-plumeria/
モロッカンオイル
http://www.rakuten.co.jp/kt-shop/

2014/9/11 更新

メイク術でモテ肌実験室(C)Allright Reserved.